ご挨拶

梅は寒苦をへて清香(せいこう)を発す

主人女将よりご挨拶

この度は当館のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当館の屋号は上記の漢詩から頂いた名前と聞いています。
初めて聞いたとき素敵な響きだと思いました。
梅が寒い冬を乗り越えてよい香りを漂わせるように、私たちも労を惜しまず、常にお客様に喜ばれる温泉旅館でありたいです。

当温泉旅館は、他の類を見ないつるつる、すべすべの温泉で、湯の中に花が咲く、薬の湯として多くの人々に愛されてまいりました。山間のひなびた温泉旅館ですが、梅ヶ島の手つかずの自然と温泉を存分に味わっていただけるものと思います。
心のこもったおもてなしで皆様のお越しをお待ち申し上げております。

梅ヶ島温泉について

静岡市を流れる名川『安倍川』をさかのぼると、源流河畔に一直線上に立ち並ぶひなびた温泉宿梅ヶ島温泉があります。
今から1,700余年前、近くで砂金が採れたことにより天皇から国の号を『珠流河』と賜り、湯の名前を『黄金の湯』と名付けられました。

ひなびた温泉宿梅ヶ島温泉

ひなびた温泉宿梅ヶ島温泉

緑豊かな山間にある梅ヶ島温泉。安倍川の渓流沿いに温泉旅館が立ち並びます。

湯之神社・岩風呂・湯滝

湯之神社・岩風呂・湯滝

当館の源泉はここから来ています。当館から川を渡ってすぐのところにありますので、お散歩にいかがでしょうか。

梅ヶ島の自然・四季の風景

安倍の大滝

安倍の大滝

当館から徒歩50分のところにある安倍の大滝。日本滝100選に選ばれている立派な滝です。吊り橋を何度も渡って辿りつきます。

渡村のしだれ桜

渡村のしだれ桜

渡村の見事な枝垂桜(写真)。この枝垂桜の子供の木が数珠窪にあります。当館への途中にある、「大野木の桜公園」も桜がたくさん咲いていて、お花見におすすめです。

岩しゃじん梅ヶ島しゃじん

岩しゃじん

10月頃に咲く、薄紫の釣鐘型の花。別名『梅ヶ島しゃじん』とも呼ばれています。 (当館男湯からも見ることができます)

オオイタヤメイゲツ

オオイタヤメイゲツ

夏には緑が美しく、10月~11月の紅葉シーズンには赤く色付き楽しませてくれます。(当館男湯からも見ることができます)

梅ヶ島の春

山笑う春

あちこちで一斉に花が咲き始め、とても華やかな季節です。
【左】山桜がピンク色に山を染めます。(4月頃)
【右】深山ツツジが色鮮やかです。(4月頃)

梅ヶ島の夏

涼しい夏

涼しい梅ヶ島に避暑にいらしてください。
【左】三段の滝。当館から徒歩5分。
【右】やまゆり(7月頃)

梅ヶ島の秋

紅葉の秋

山々が紅く色づく、感動の梅ヶ島の秋です。
【左】当館前からの眺めです。(11月頃)
【右】岩シャジン。別名「梅ヶ島シャジン」と言います。(10月頃)

梅ヶ島の冬

静かな冬

雪景色の梅ヶ島です。冷えた身体に温泉が沁みます。
【左】一面白く雪に覆われて、とても静かです。
【右】梅が咲き始めると春の予感。3月には梅祭り開催!

山間のいで湯の宿 清香(せいこう)旅館清香旅館地図アクセス

山間のいで湯の宿 清香(せいこう)旅館

〒421-2301 静岡市葵区梅ケ島5258-12

電話:054-269-2048

山間のいで湯の宿 清香旅館

〒421-2301
静岡市葵区梅ケ島5258-12
電話:054-269-2048
http://seikou-umegashima.jp/m/
梅が島温泉観光組合
▲PAGETOP
Copyright(c) 2011 山間のいで湯の宿 清香. All rights reserved. Designed by WEB SUCCESS.